バンド「原始神母」が東北公演/ピンク・フロイドを再現

2015/04/21 16:03

 

 ピンク・フロイドの名曲を再現した原始神母のライブ=神戸市

 ピンク・フロイドの名曲を再現した原始神母のライブ=神戸市

 クラシックの様式美とジャズの即興を兼ね備えるプログレッシブロックの最高峰として1970年代を中心に活躍し、今も絶大な人気を誇るバンド「ピンク・フロイド」の名曲を再現する日本のトリビュートバンド「原始神母」が国内外で好評だ。その東北公演が24、26日に開かれる。

 ピンク・フロイドの代表曲で、ロック交響曲として親しまれている「原子心母」にちなんだ原始神母は9人のミュージシャンで2012年から活動開始。“本家”の初期から中期の曲を中心に聞かせるライブは往年の愛聴者だけでなく、「ピンク・フロイドの存在を知らなかった」という若いファンを増やしている。

 仙台と福島で開催する公演では「原子心母」「エコーズ」などを披露。ピンク・フロイドのライブの雰囲気をありのままに再現するライティングが幻想的なステージを演出する。

 ギターの扇田裕太郎は「新しい音楽を発明した初期ピンク・フロイドのときめきを届けたい」と話す。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459