寂聴さんが療養後初の法話/「命ある限り小説を」

2015/04/08 12:28

 

 体調が回復し、療養後初めてミニ法話を行う瀬戸内寂聴さん=8日午前、京都市

 体調が回復し、療養後初めてミニ法話を行う瀬戸内寂聴さん=8日午前、京都市

 背骨の圧迫骨折などで昨年5月から療養している作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(92)が8日、京都市の寂庵で開かれた花祭りでミニ法話を行い、全国から駆け付けた300人以上の聴衆に「皆さんにお会いできないと思っていた。本当にありがたいです」と感謝の言葉を述べた。法話後の記者会見では「命がある限り、小説を書きたいと思います」と力強く語った。

 寂聴さんの法話は療養後、初めて。まず「死に損なって今日を迎えることができました」とユーモアたっぷりにあいさつ。「(骨折の)痛みで『神も仏もあるものか』と思っていたが、やっぱり仏様が守ってくださった」と、療養生活を振り返った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459