独の世界的作曲家ヘンツェ氏死去/多くの交響曲やオペラ手掛ける

2012/10/27 23:11

 

 ドイツの作曲家、ハンス・ウェルナー・ヘンツェ氏=9月11日(AP=共同)

 ドイツの作曲家、ハンス・ウェルナー・ヘンツェ氏=9月11日(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツの世界的作曲家で、多くの交響曲やオペラ作品を手掛けたハンス・ウェルナー・ヘンツェ氏が27日、東部ドレスデンで死去した。86歳。作品を扱う音楽出版社が発表した。死因は明らかにしていない。

 代表作は第10番まである交響曲のほか、オペラ「鹿の王」「バッカスの巫女」「孤独通り」など。三島由紀夫の小説「午後の曳航」をオペラ化したことでも知られ、2000年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。

 左翼思想の影響を強く受け、キューバ革命の立役者チェ・ゲバラにささげる曲を作ったこともある。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459