豊臣期の屋敷跡を損壊、大阪市/掘削の指示ミス

2012/03/22 11:36

 

 1987年の大坂城跡遺構=大阪市中央区(大阪市教委提供)

 1987年の大坂城跡遺構=大阪市中央区(大阪市教委提供)

 大阪市中央区の大坂城跡の発掘作業中に、大阪市教育委員会が重機で掘る深さを誤って指示し、豊臣期後半(17世紀初め)の武家屋敷の一部とみられる遺構を損壊していたことが22日分かった。

 市教委によると、調査地は大坂城跡の北西部(同区北浜東)。1986、87、92年に付近を発掘調査し、ビル建設に伴って昨年10月下旬から掘削を実施。

 発掘成果を踏まえ、現場の学芸員が深さ1・9メートルまで掘るよう建設業者に指示。だが地面の傾斜を計算に入れておらず、約1200平方メートルのうち700平方メートルで、40〜90センチ掘りすぎた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459