推古天皇陵を立ち入り調査/研究者ら石室材を確認

2012/02/23 20:29

 

 推古天皇陵(山田高塚古墳)を調査する研究者ら=23日午後、大阪府太子町(宮内庁提供)

 推古天皇陵(山田高塚古墳)を調査する研究者ら=23日午後、大阪府太子町(宮内庁提供)

 日本考古学協会など考古学、歴史学の研究者団体は23日、大阪府太子町の用明天皇陵(春日向山古墳)に引き続き、推古天皇陵(山田高塚古墳)も立ち入り調査した。

 研究者16人は、用明陵を調査した後、約0・8キロ離れた推古陵に移動。宮内庁職員の案内で、古墳に沿って歩き、約1時間にわたり調査した。

 推古陵も用明陵と同様に6世紀末から7世紀前半ごろの築造とみられる方墳で、東西約64メートル、南北約58メートル。宮内庁による調査で、二つの石室があることが分かっているが、研究者らも石室の一部とみられる石材を確認した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459