天気予報を見る
 
新聞購読申込

画家・村山槐多の141点初公開/22歳で早世、没後100年

2019/06/15 04:49

 1912年ごろの作品「竜安寺石庭」と「おかざき世界子ども美術博物館」学芸員の村松和明さん=11日、愛知県岡崎市
 1912年ごろの作品「竜安寺石庭」と「おかざき世界子ども美術博物館」学芸員の村松和明さん=11日、愛知県岡崎市

 洋画の才能を注目されながら、わずか22歳で早世した詩人画家村山槐多(1896〜1919年)の初期の油絵や水彩画など141点が見つかった。没後100年に合わせ、出生地とされる愛知県岡崎市のおかざき世界子ども美術博物館で初めて公開されている。研究者は「槐多の人生と作品に触れる初の機会になる」としている。

 槐多は旧制京都府立第一中在学時に画家を志望。1914年に第1回の二科展で入選。将来を嘱望されたが、結核性肺炎に倒れスペイン風邪で死去した。

 初公開作品は、竜安寺石庭や妙心寺を描いた京都時代の水彩画や、信州の山岳風景のデッサン、千葉の海岸を題材にした油絵など。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.