天気予報を見る
 
新聞購読申込

囲碁の仲邑菫が7月8日に2戦目/最年少プロ、公式戦初勝利目指す

2019/06/14 16:39

 仲邑菫初段
 仲邑菫初段

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)の公式戦2戦目が、同じ日本棋院関西総本部所属の田中智恵子四段(67)を相手に、7月8日に大阪市で行われることが決まった。14日、日本棋院が発表した。

 仲邑初段は4月、史上最年少の10歳0カ月でプロ入りした。デビュー戦となった4月22日の竜星戦予選では大森らん初段(16)に敗れており、公式戦初勝利を目指す。

 今回の対局時は10歳4カ月で、勝てば最年少勝利記録を更新する。現在の記録は藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳8カ月。

 対局は第23期ドコモ杯女流棋聖戦予選で、持ち時間各1時間の早碁で打たれる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.