天気予報を見る
 
新聞購読申込

イタリアの古文書、盗難品と判明/国立西洋美術館が無償で返還

2019/06/12 19:20

 国立西洋美術館
 国立西洋美術館

 国立西洋美術館(東京・上野)が所蔵していた15世紀イタリアの古文書が盗難品と判明し、元々の所蔵先があるイタリア側に同美術館が返還していたことが、12日までに分かった。

 同美術館は「古文書は展示されていない。所蔵品が盗難品と判明したのは初めて」としている。古文書は、祈りの言葉が書かれた「聖務日課書」から切り取られたもので、装飾的な文字が並び、その周囲には色鮮やかな植物が描かれている。トリノ大司教区古文書館が保管していたが、1990年に盗まれた32枚のうちの1枚だという。

 同美術館は今年4月26日、在日イタリア大使館で古文書をイタリア側に無償で返還した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.