天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮本さん、がん手術後「大丈夫」/5月に前立腺を全摘出

2019/06/12 12:45

 オペラ「蝶々夫人」の制作発表会見に出席した宮本亜門さん。右は高田賢三さん=12日午前、東京都内
 オペラ「蝶々夫人」の制作発表会見に出席した宮本亜門さん。右は高田賢三さん=12日午前、東京都内

 4月に前立腺がんを公表した演出家宮本亜門さん(61)が12日、10月に東京で上演するオペラ「蝶々夫人」の制作発表会見に出席。終了後、前立腺の全摘出手術を受けたことを明かし、「(体は)大丈夫。仕事はノンストップで動いています」と笑顔を見せた。

 宮本さんによると5月22日に手術を受け、10日ほど入院したという。「体力が戻っていないが、時間をかけてゆっくり治そうと思う」と話した。

 宮本さんは「蝶々夫人」の演出を担当、衣装を手掛けるデザイナー高田賢三さん(80)らと会見した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.