天気予報を見る
 
新聞購読申込

印象派モネの「睡蓮」を修復公開/東京・国立西洋美術館で展示

2019/06/10 17:09

 東京・上野の国立西洋美術館で報道陣に公開された、モネの油彩画「睡蓮、柳の反映」。上半分ほどが欠損している=10日午後
 東京・上野の国立西洋美術館で報道陣に公開された、モネの油彩画「睡蓮、柳の反映」。上半分ほどが欠損している=10日午後

 戦後長らく所在が分からず、2016年にパリのルーブル美術館で見つかった印象派の画家モネの油彩画「睡蓮、柳の反映」が10日、東京・国立西洋美術館で11日から始まる「松方コレクション展」の内覧会で報道陣に公開された。上半分ほどが欠損しており、同館が昨年から修復していた。

 作品は1916年制作で縦約2m、横約4m。睡蓮の池に柳の木が映り込む様子が荒々しい筆致で描かれ、モネの作品を代表する連作「睡蓮」の中の「木々の反映」に関連する作品とされる。

 作品は実業家、松方幸次郎が21年にモネから購入。戦時中にフランス政府が接収後、所在不明となり、2016年に発見された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.