天気予報を見る
 
新聞購読申込

仏大統領「5年以内修復目指す」/ノートルダム寺院火災で

2019/04/17 05:47

 火災後のパリ・ノートルダム寺院=16日(ゲッティ=共同)
 火災後のパリ・ノートルダム寺院=16日(ゲッティ=共同)

 フランス国民に向け演説したマクロン大統領=16日、パリ(AP=共同)
 フランス国民に向け演説したマクロン大統領=16日、パリ(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は16日、テレビ演説し、15日に大火災のあったパリ中心部の世界遺産ノートルダム寺院(大聖堂)を今後5年以内に修復することを目指す考えを表明し「この惨事を皆がまとまる機会に変える」と国民結束を訴えた。

 昨年から政権に抗議するデモが続き、求心力が低下したマクロン氏としては、指導力を示して信頼回復につなげたい考えとみられる。ただ修復には少なくとも10〜15年かかるとの専門家の見方もあり、目標実現は大きな挑戦となりそうだ。

 5年後の2024年にパリで夏季五輪が開かれるため、イダルゴ市長がそれまでの修復完了を訴えていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.