天気予報を見る
 
新聞購読申込

映画「主戦場」が全国公開へ/慰安婦問題、真っ向対決

2019/04/12 06:04

 映画「主戦場」について語るミキ・デザキ監督=4日、東京都新宿区
 映画「主戦場」について語るミキ・デザキ監督=4日、東京都新宿区

 旧日本軍の従軍慰安婦問題をテーマにしたドキュメンタリー映画「主戦場」が、20日の東京を皮切りに各地で順次公開される。韓国人元慰安婦の証言に疑問を呈する保守言論人と、元慰安婦を支援してきた運動家らが、真っ向から“対決”する意欲的な作品だ。

 監督は日系米国人2世のミキ・デザキ氏(35)。問題を深く知らなかったというデザキ氏は、慰安婦の人数や、強制連行の有無、性奴隷という用語が適切かどうかなど、論点を絞ってインタビューを重ねていく。

 20日から東京、27日から名古屋市、大阪市、京都市、5月から仙台市、新潟市、長野県松本市、松山市、大分市などで上映。122分。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.