天気予報を見る
 
新聞購読申込

007最新作に電気自動車/J・ボンドも環境保護に一役

2019/03/16 10:26

 ダニエル・クレイグさん(ゲッティ=共同)
 ダニエル・クレイグさん(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】人気スパイ映画「007」の主人公ジェームズ・ボンドが、最新作で電気自動車(EV)に乗ることが15日までに明らかになった。英大衆紙サンなどが報じた。日系米国人のキャリー・ジョージ・フクナガ監督が環境保護に熱心だという。地球温暖化などへの対策が急務となり、自動車各社が電動車に力を入れる中、ボンドも環境保護に一役買うことになった。

 2020年4月に公開となるシリーズ通算25作目の最新作に登場するのは、高級車メーカーのアストン・マーチンが手掛ける初のEV「ラピードE」。作中では、ボンドを演じる俳優ダニエル・クレイグさんがハンドルを握ることになる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.