天気予報を見る
 
新聞購読申込

漢字モチーフにパリの街の音表現/書家の中塚さん、現地で初の個展

2019/03/15 09:40

 個展会場で作品を説明する中塚翠涛さん(左)=14日、パリ(共同)
 個展会場で作品を説明する中塚翠涛さん(左)=14日、パリ(共同)

 【パリ共同】書家の中塚翠涛さんがパリで初の個展を15日から開くのを記念するレセプションが14日、会場のギャラリーで開かれた。個展は29日までで、漢字など文字をモチーフに使い、パリで感じた音を表現した美術作品を発表する。

 中塚さんは2016年にはフランスの国民美術協会のサロン展に参加し受賞。日本ではテレビに出演し、ペン字の練習帳を監修するなど幅広く活動している。

 今回は「音楽」をテーマに、「踊」の字を白黒2色で何度も重ねて抽象絵画のように仕上げた作品や、絵の具で書いた「華」の字を元に花の形を描いた作品など実験的な約30点を展示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.