天気予報を見る
 
新聞購読申込

沖縄歌謡をデジタル化、大谷大/最古の音源か

2019/03/14 19:41

 大谷大(京都市)は14日、言語学者の北里闌氏が1920年に沖縄県でろう管レコードへ記録した歌謡などの音源をデジタル化したと発表し、沖縄県立図書館へ音源のCDを寄贈した。

 図書館によると、現在でも聞くことができる沖縄歌謡の音源としては、最古の可能性がある。北里氏は細菌学者北里柴三郎博士のいとこで、20〜31年に日本語の語源に関する研究で沖縄や樺太、北海道、東北などを訪れ、歌謡や言語をレコードに記録。死後、ろう管レコード約230本が遺族から大谷大へ寄贈された。

 音源はレコードからカセットテープに再録されたが、雑音が激しく聞き取りづらいまま保管されていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.