天気予報を見る
 
新聞購読申込

演芸評論家の川戸貞吉さんが死去/落語評、芸談で著名

2019/03/11 18:47

 深い知識と演者との交流を基にした落語評、芸談で知られる演芸評論家の川戸貞吉(かわど・さだきち)さんが11日午前11時55分、直腸がんのため東京都杉並区の自宅で死去した。81歳。横浜市出身。葬儀・告別式は14日午前9時半から杉並区和泉3の8の35、龍光寺大師堂で。喪主は妻恵子(けいこ)さん。

 早稲田大在学中は落語研究会で活動。1961年にアナウンサーとしてラジオ東京(現TBS)に入社し、ディレクターに転身後は数々の落語番組を制作。退社後は執筆活動の傍ら、共同通信などに旬の落語家の高座評を寄稿した。

 「現代落語家論」「落語大百科」など著書多数。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.