天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島で3月から伊藤若冲展/内外の約百点、5月まで

2019/01/08 16:07

 3月26日から福島県立美術館で開かれる伊藤若冲展のポスター
 3月26日から福島県立美術館で開かれる伊藤若冲展のポスター

 江戸中期の画家伊藤若冲(1716〜1800年)の作品約100点を国内外から集めた展覧会が3月26日から福島市の福島県立美術館で開かれる。前売り券の販売が8日、始まった。会期は5月6日まで。

 たくさんの子犬を愛らしく描いた「百犬図」(個人所蔵)や、白いゾウと潮を吹くクジラが描かれた「象と鯨図屏風」=MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市)所蔵=のほか、デンバー美術館など海外で所蔵されている作品約15点を含む、のべ約100点を展示。会期の前後半で一部入れ替える。

 若冲は京都の青物問屋に生まれ、40歳で隠居し、画業に専念した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.