天気予報を見る
 
新聞購読申込

世界遺産の古墳群にも被害、福岡/西日本豪雨、本体損壊なし

2018/07/11 11:05

 西日本豪雨の影響で、のり面が崩れた福岡県福津市の新原・奴山古墳群の前方後円墳「30号墳」=9日(同市提供)
 西日本豪雨の影響で、のり面が崩れた福岡県福津市の新原・奴山古墳群の前方後円墳「30号墳」=9日(同市提供)

 西日本豪雨の影響で、世界文化遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に含まれる福岡県福津市の新原・奴山古墳群の一部が崩れる被害が出ていたことが11日、同県教育委員会への取材で分かった。墳丘本体の損壊はほぼないという。

 福津市の担当者が6日午前、前方後円墳「30号墳」の北側のり面が高さ5メートル、幅15メートルにわたり崩れているのを発見。2003年に雨で被害に遭い、土のうで補修した場所が再び崩れたという。

 このほか、円墳の「13号墳」でも、北西側のため池に面した部分が少し削れたのが見つかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.