天気予報を見る
 
新聞購読申込

13府県の69文化財に被害/件数拡大の可能性も、西日本豪雨

2018/07/11 11:28

 愛媛県の松山城=2011年
 愛媛県の松山城=2011年

 西日本豪雨を受け、近畿以西の13府県にある国の文化財計69件で浸水などの被害が確認されたことが、文化庁の11日午前10時時点のまとめで分かった。被災地では文化財の調査まで手が回らない自治体もあり、被害件数は拡大する可能性が高い。

 広島県では、江戸後期の儒学者菅茶山ゆかりの特別史跡「廉塾ならびに菅茶山旧宅」が浸水したほか、史跡「毛利氏城跡」にある毛利元就の墓所の石垣が崩れるなど8件の被害が出た。県教育委員会は「人命救助が優先で、文化財の状況を確認できていない市町村も多い」と話す。

 愛媛県は史跡「松山城跡」敷地内の道路の土砂崩れなど6件の被害を確認したが、個人所有の美術工芸品の状況は全く把握できていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.