天気予報を見る
 
新聞購読申込

平城宮初のかまど跡か、奈良/女帝のシステムキッチン?

2018/06/14 17:34

 平城宮跡東院地区で見つかった加熱調理施設跡(左側)。低い位置(右側)にある大型井戸の遺構と階段でつながっている=14日、奈良市
 平城宮跡東院地区で見つかった加熱調理施設跡(左側)。低い位置(右側)にある大型井戸の遺構と階段でつながっている=14日、奈良市

 奈良市の平城宮跡東院地区で、平城宮では初の加熱調理施設跡が見つかったと、奈良文化財研究所が14日発表した。かまどの可能性があるという。以前に発見された大型井戸や水洗い場の遺構とつながっており、奈良時代に皇太子の住居や天皇の離宮があったとされる東院内に“システムキッチン”のような施設群が存在したことが明らかになった。

 今回の施設は8世紀半ばに2度即位し、東院で宴や儀式を催した孝謙(称徳)女帝の時期と考えられる。

 平城宮では、大極殿の北側で官人の給食を担った「大膳職」などの食膳施設があったが、火で調理したことを示す遺構は見つかっていなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.