天気予報を見る
 
新聞購読申込

武蔵大で被爆伝える映画祭開催へ/吉永小百合さんのトークも

2018/06/14 16:28

 「広島長崎における原子爆弾の影響 広島編」の一場面(日映映像提供)
 「広島長崎における原子爆弾の影響 広島編」の一場面(日映映像提供)

 広島、長崎の被爆体験を映像や映画で伝えようとする「第12回被爆者の声をうけつぐ映画祭」が7月14〜15日、東京都練馬区の武蔵大江古田キャンパスで開かれる。

 14日の「愛と死の記録」(蔵原惟繕監督)上映前には、主演女優の吉永小百合さんのトーク、15日には永田浩三武蔵大教授の司会で、映画プロデューサーや大学生らが参加するシンポジウムも開かれる。

 今回上映されるのは計7作品。ドキュメンタリー映画としては、被爆から約1カ月半後の広島に入った日本映画社のスタッフが撮影した「広島長崎における原子爆弾の影響 広島編」、核兵器や原発とともに歩んだ日本の戦後に向き合う「いのちの岐路に立つ 核を抱きしめたニッポン国」(原村政樹監督)など。他に劇映画「白い町ヒロシマ」(山田典吾監督)や人形アニメーション「SOSこちら地球」(河野秋和監督)。

 同映画祭は、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)が2006年に50周年を迎えたのを記念し、翌年にスタートした。

 問い合わせは同映画祭実行委員会、電話03(5466)2311。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.