天気予報を見る
 
新聞購読申込

飛鳥・奈良の「吉野宮」正殿か/ひさし巡る大型建物跡

2018/05/15 19:50

 奈良県吉野町の宮滝遺跡で確認された、奈良時代前半の大型掘っ立て柱建物跡。四方にひさしが巡る構造をパイロンで示している(吉野町提供)
 奈良県吉野町の宮滝遺跡で確認された、奈良時代前半の大型掘っ立て柱建物跡。四方にひさしが巡る構造をパイロンで示している(吉野町提供)

 奈良県吉野町の宮滝遺跡(国史跡)で奈良時代前半(8世紀)の大型掘っ立て柱建物跡が確認され、県立橿原考古学研究所と吉野町が15日発表した。四方にひさしが巡る構造は、天皇が住んだ内裏に匹敵する最高格式で、飛鳥宮や平城宮の内裏と同じ。飛鳥・奈良時代の天皇が盛んに訪れた離宮「吉野宮」の中心となる正殿の可能性がある。

 同研究所の菅谷文則所長は「天皇にだけ許される格式の建物が確認され、遺跡が吉野宮であることを決定づけた」と語った。

 調査では一辺1・2〜2mの方形の柱穴跡を、過去の発掘も含め計15個を確認。建物本体の穴の外側に、ひさしを支えた柱穴もあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.