天気予報を見る
 
新聞購読申込

「パパのせりふを多く」/キャシーが舞台裏明かす

2018/05/15 17:07

 取材会に登場した(左から)キャシー中島、勝野洋、勝野雅奈恵、勝野洋輔=15日、東京都内
 取材会に登場した(左から)キャシー中島、勝野洋、勝野雅奈恵、勝野洋輔=15日、東京都内

 東京・俳優座劇場での舞台「すなっく ラ・ボエーム」に出演の俳優勝野洋、原案と制作統括を務めた妻でタレントのキャシー中島らが同劇場内で取材会を開き、作品の舞台裏などを語った。

 次女の勝野雅奈恵が脚本を書き、演出。長男勝野洋輔は出演し衣装も担当する。家族そろって作品にかかわることに「彼女(キャシー)の口車に乗せられた」とおどけた洋だが、「やりづらさを越えると快感があり、良い経験」と喜んだ。 

 1970年代の東京・南青山、ゲイのママが営むスナックを舞台に、心の傷を抱えた客らの人間模様を描く。キャシーが20代のころの実体験をモデルにしているという。

 “勝野ファミリー”の作品としては3作目といい、キャシーが「始まる直前はいつもけんか。私はパパのせりふをいっぱいね、とお願いする」と明かすと、口数の少ない役柄が多い洋が「九州の男はしゃべっちゃいけないんだよ」と抗議し、笑わせた。

 主演のママ役は渋谷天外。舞台は20日まで。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.