天気予報を見る
 
新聞購読申込

善光寺、新貫主が就任/小松氏解任受け、大勧進

2018/05/15 15:16

 記者会見する善光寺大勧進貫主の滝口宥誠氏=15日、長野市
 記者会見する善光寺大勧進貫主の滝口宥誠氏=15日、長野市

 長野市の善光寺を共同運営する「大勧進」は15日、トップの貫主だった小松玄澄氏(84)がセクハラなどの問題を指摘されて3月に天台宗(大津市)から解任されたのを受け、特命住職として貫主業務を代行していた滝口宥誠氏(84)が後任に就いたと発表した。5月1日付。

 大勧進によると、滝口氏は山形県天童市出身。比叡山延暦寺一山の南山坊(大津市)などで住職を務め、2002年に大勧進の副住職に就いた。15日、記者会見し「(大勧進を)早く良い雰囲気にして、皆さんと善光寺の協和に向け努力したい」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.