天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・清水寺の秘仏、一般公開へ/3月に、222年ぶり

2018/02/14 17:47

 京都・清水寺の秘仏「大随求菩薩坐像」
 京都・清水寺の秘仏「大随求菩薩坐像」

 京都市東山区の清水寺は14日、塔頭の「慈心院」の本堂で3月、普段は非公開の秘仏「大随求菩薩坐像」を222年ぶりに一般公開すると発表した。

 清水寺によると、大随求菩薩は江戸時代の1728年に作られた高さ約1・1メートルの木造の仏像。全身を金泥などで塗られ、頭に豪華な宝冠をのせ、八本の腕に蛇や剣などを持つ。全国の巡回展などで公開されたことはあったが、本堂では1796年以来となる。

 通常は立ち入れない本堂内陣まで進み、厨子内に安置された姿を拝むことができる。

 春は3月2〜18日、秋は10月5〜15日の午前9時〜午後4時に公開。秘仏の拝観料は100円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.