天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

高村光太郎の書簡、秋田で発見/全集未収録の34通

2018/02/14 16:21

 竜星閣が小坂町立総合博物館郷土館に寄贈した高村光太郎の書簡(同館提供)
 竜星閣が小坂町立総合博物館郷土館に寄贈した高村光太郎の書簡(同館提供)

 彫刻家で詩人の高村光太郎(1883〜1956年)が詩集出版を巡り編集者とやりとりした書簡34通が、秋田県小坂町で見つかった。町が14日、明らかにした。いずれも全集に収められておらず、担当者は「高村研究の空白部分を埋める価値がある」としている。

 小坂町立総合博物館郷土館の安田隼人学芸員(34)によると、書簡は1942〜54年のもの。代表作の詩集「智恵子抄」の続編「智恵子抄その後」について「ものにならないと思います」と記しており、高村が出版にあまり乗り気ではなく、書籍として売れるかどうか不安を感じていたことがうかがえる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.