天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪選手に自らを重ね/「鍛錬、精進」と錦戸亮

2018/02/13 16:26

 人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の錦戸亮が、主演映画「羊の木」の東京都内での舞台あいさつに登場。開催中の冬季五輪と同じく「4年ぶり」の映画出演となった錦戸はアスリートたちに自分を重ね、「しっかり鍛錬、精進し、すてきな映画を届けられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 寂れた港町の日常が、国の新制度にのっとって殺人歴のある元受刑者6人を受け入れたことで、変化していくストーリー。錦戸は主人公の市役所職員、月末を演じている。

 作品中に訪れる“衝撃の展開”にちなみ、舞台あいさつにも驚きの演出が施されることに。

 お米好きの錦戸と共演の木村文乃に、ロケ地・富山県産のお米計80キロがプレゼントされるサプライズ。だが、錦戸はなぜか後ずさり。「これが爆発しないかと。警戒してしまって」。戸惑いの表情を見せるあたりは、役柄をほうふつとさせた。

 最後にあいさつした錦戸は「今、日本中が平昌冬季五輪で盛り上がっているが、培ってきた練習や経験がものをいうと思う」と出場選手たちへ尊敬の念を示した。さらに「(自分は)次は4年後じゃなく…」と次の映画作品への早期出演に意欲を見せていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.