天気予報を見る
 
新聞購読申込

将棋、渡辺の先手番で始まる/棋王戦第1局

2018/02/12 11:14

 将棋の渡辺明棋王(33)に永瀬拓矢七段(25)が挑戦する第43期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第1局は12日午前9時、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで始まった。

 渡辺棋王は前期、永世棋王の資格を得ており、6連覇を目指す。永瀬七段は2度目のタイトル挑戦で初獲得を狙う。

 振り駒の結果、渡辺棋王の先手番となり、戦型は矢倉に。永瀬七段は流行の雁木で対抗した。両者、時間を使い慎重に駒組みを進めている。

 立会人は中村修九段。持ち時間各4時間で、同日中に決着する予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.