天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

川端康成の直筆原稿、個人が寄贈/学生フォーク音楽「清新」と評価

2018/01/12 05:26

 川端康成
 川端康成

 川端康成が学生のフォーク音楽イベントのプログラムに寄稿した直筆原稿(鎌倉文学館提供)
 川端康成が学生のフォーク音楽イベントのプログラムに寄稿した直筆原稿(鎌倉文学館提供)

 日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した小説家の川端康成が、学生のフォーク音楽イベントのプログラムに寄稿した直筆原稿が、個人の所有者から鎌倉文学館(神奈川県鎌倉市)に寄贈された。学生のフォークを「私には清新で親愛」と評価しており、文学館の担当者は「よく知られる絵画や工芸だけでなく、音楽にも関心があったことを示す貴重な資料だ」としている。

 1966年に開かれたイベント用で、400字詰め原稿用紙に2枚半。

 直筆原稿を保管していた横浜市の男性が亡くなったことから、寄贈を決めた。鎌倉文学館は4月下旬にも公開する予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.