天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

駒尺喜美さんが死去/新たな家族を追求

2007/05/22 18:39

駒尺喜美さんが死去/駒尺喜美さん 死去した駒尺喜美さん(元法政大教授)
 死去した駒尺喜美さん(元法政大教授)

 女性の視点から文学を研究、自ら新たな家族の在り方を追求した元法政大教授の駒尺喜美さんが22日午前10時11分、肝細胞がんのため静岡県伊豆市姫之湯の自宅で死去した。82歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。後日、しのぶ会を開く予定。

 夏目漱石をはじめ日本文学をフェミニズムの立場から批判的に読み解き、女性学に影響を与えた。実生活では女性解放運動家の小西綾さんと半世紀以上、暮らしと行動を共にし、その関係は封建的な家族制度に疑問を投げ掛ける「友だち家族」として注目された。

 法政大退職後は「ライフアーティスト」を名乗り、女性向けの講座などを開催。高齢者が自分らしさを大切にしながら、自然の中で暮らす「友だち村」を2002年に伊豆市に建設、自身も晩年を過ごした。

 著書に「魔女の論理」、編著に「女を装う」など。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.