天気予報を見る
 
新聞購読申込

バーブ佐竹さん死去/「女心の唄」などヒット

2003/12/05 17:48

 「女心の唄」などのヒット曲で知られる歌手バーブ佐竹(さたけ、本名佐武豊=さたけ・ゆたか)さんが5日午前11時50分、多臓器不全のため東京都新宿区の病院で死去した。68歳。北海道出身。自宅は東京都文京区本駒込2ノ20ノ5、ディアホームズ601。葬儀・告別式は10日正午から文京区本駒込2ノ20ノ8、天然寺で。喪主は妻政子(まさこ)さん。

 故郷の北海道で流しのギター弾きとして音楽活動を始め、東京のクラブで歌っていたのを関係者に認められ1964年「女心の唄」でデビュー。ブルース系の低音の歌声で人気を集め、200万枚以上の売り上げを記録して65年日本レコード大賞新人賞を獲得。NHK紅白歌合戦にも出演した。

 「ネオン川」「カクテル小唄」など女心を歌った曲が相次いでヒットし、人気テレビドラマ「子連れ狼」の主題歌「ててご橋」でも話題を集めた。

 「顔じゃないよ、心だよ」の名せりふで知られ、牧伸二さん、菅原洋一さんらと「モスラ会」を結成。映画俳優のほか、「シナ・トラオ」の筆名で作曲も手掛け、自作の「青いゴムゾーリ」が若者たちの人気を集めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.