天気予報を見る
 
新聞購読申込

奈良・唐招提寺でうちわまき/空舞う「宝扇」取り合い

2019/05/19 17:14

 唐招提寺の「うちわまき」で鼓楼からうちわ「宝扇」をまく僧侶=19日午後、奈良市
 唐招提寺の「うちわまき」で鼓楼からうちわ「宝扇」をまく僧侶=19日午後、奈良市

 奈良市の唐招提寺で19日、恒例行事「うちわまき」が行われた。大勢の参拝客が詰め掛け、2階建ての「鼓楼」(国宝)からまかれたハート形のうちわ「宝扇」を手を伸ばして取り合った。

 宝扇は厄よけや虫よけなどの御利益があるとされ、4人の僧侶が鐘の合図と同時に、500本の宝扇をまいた。

 うちわまきは同寺を復興した鎌倉時代の高僧・覚盛上人の命日に行われる法要「梵網会」の行事の一つ。蚊をたたこうとした弟子に「血を吸わせるのも修行のうち」と不殺生を説いたことにちなみ、死後はうちわで蚊を追い払ってもらおうと、仏前に供えたのが始まりとされている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.