天気予報を見る
 
新聞購読申込

囲碁、村川八段が十段を奪取/井山十段は四冠に後退

2019/04/19 18:45

 村川大介新十段
 村川大介新十段

 囲碁の第57期十段戦5番勝負の第4局は19日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれ、挑戦者の村川大介八段(28)が226手で井山裕太十段(29)に白番中押し勝ちし、対戦成績3勝1敗でタイトルを奪取、初の十段位を獲得した。

 4期連続通算6期目の十段獲得を目指した井山前十段の防衛はならず、棋聖、本因坊、王座、天元の四冠に後退した。井山前十段が四冠となるのは、15年11月以来で約3年半ぶり。

 村川新十段は兵庫県出身で森山直棋九段門下、関西棋院所属。2002年にプロ入りし、14年に初の七大タイトルとなる王座を獲得した。十段戦は前期に続いての挑戦だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.