天気予報を見る
 
新聞購読申込

囲碁世界戦、韓国の朴が3連覇/井山裕太五冠は準決勝敗退

2019/03/20 19:16

 囲碁の世界戦、第3回ワールド碁チャンピオンシップで、3連覇を達成した朴廷桓九段=20日、東京都千代田区
 囲碁の世界戦、第3回ワールド碁チャンピオンシップで、3連覇を達成した朴廷桓九段=20日、東京都千代田区

 囲碁の世界戦、第3回ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)は20日、東京都千代田区の日本棋院で決勝が打たれ、韓国の朴廷桓九段(26)が中国の柯潔九段(21)を破り、3連覇を達成した。優勝賞金は2千万円。

 大会は日本、中国、韓国の3カ国から8人が出場し、トーナメント戦で争った。日本からは井山裕太五冠(29)と張栩名人(39)が出場。井山五冠は1回戦で強豪の中国選手を破ったものの準決勝で柯九段に敗れ、張名人は1回戦で敗退した。3位決定戦は行われず、井山五冠はもう一方の準決勝で敗退した韓国選手と共に3位となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.