天気予報を見る
 
新聞購読申込

将棋の藤井七段の師匠、八段昇段/杉本七段、190勝

2019/02/22 16:41

 杉本昌隆八段
 杉本昌隆八段

 最年少将棋プロの藤井聡太七段(16)の師匠、杉本昌隆七段(50)は22日、テレビ棋戦の対局に勝ち、規定により同日付で八段に昇段した。七段に昇段後、公式戦で190勝目を挙げた。プロ棋士の八段は、最高の九段に次ぐ段位。

 杉本八段は名古屋市出身で、1990年にプロ入り。名人挑戦者を決める順位戦では最上位のA級の一つ下、B級1組に在籍した実績がある。

 藤井七段は杉本八段に弟子入りし、2012年にプロ棋士養成機関の奨励会に入会。16年10月、最年少の14歳2カ月でプロとなった。

 両者は3月5日の順位戦のC級1組で、32年ぶりの師弟アベック昇級を目指している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.