天気予報を見る
 
新聞購読申込

熊本城石垣、400年ぶり姿現す/地震被災の櫓復旧工事で

2019/02/19 19:08

 熊本城・飯田丸五階櫓の復旧工事で、約400年ぶりに姿を見せた石垣=19日午後、熊本市
 熊本城・飯田丸五階櫓の復旧工事で、約400年ぶりに姿を見せた石垣=19日午後、熊本市

 復旧工事が進む熊本城天守閣=19日午後、熊本市
 復旧工事が進む熊本城天守閣=19日午後、熊本市

 2016年4月の熊本地震で崩れた石垣が1本の柱状に残ったことで知られる熊本城・飯田丸五階櫓の復旧工事が19日、報道陣に公開された。石垣の解体が進んだことで、約400年前の増築時に姿を消した古い石垣が確認され、市は「築城の歴史を示す貴重な資料だ」と評価している。

 熊本市によると、確認された石垣は加藤清正により1599年ごろに造られ、1610年代に飯田丸五階櫓を建てる増築で新しい石垣に覆われた。

 昨年6月に建物部分の解体が終わり、その後石垣の撤去作業が進められている。古い石垣は茶色の土にまみれた状態で、縦約2m、横約24mにわたって姿を見せている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.