天気予報を見る
 
新聞購読申込

手塚さん直筆、トキワ荘の天井板/解体時の思い出、公開検討

2019/02/19 05:32

 トキワ荘解体時に取り外され、手塚治虫さんが若手記者に贈った天井板。「リボンの騎士」のキャラクターと、自身の姿が描かれている
 トキワ荘解体時に取り外され、手塚治虫さんが若手記者に贈った天井板。「リボンの騎士」のキャラクターと、自身の姿が描かれている

 トキワ荘復元施設のイメージ(豊島区提供)
 トキワ荘復元施設のイメージ(豊島区提供)

 手塚治虫さんら多くの著名漫画家が暮らした東京都豊島区のアパート「トキワ荘」。手塚さんが若き日の自身の姿を描き込み、82年の解体時に取り外された天井板が、警視庁の記者クラブに眠っている。当時の若手記者に贈られ、“お宝”として保管されてきた。昭和、平成の時代を経て、2020年に豊島区が開設するトキワ荘の復元施設での公開が検討されている。

 天井板は横30センチ、縦90センチほどで、手塚さんの代表作の一つ「リボンの騎士」のキャラクターと、裸電球の下で漫画作りに励む自身の姿が描かれている。

 天井板は記者の間で受け継がれてきた。近く豊島区に寄贈される予定だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.