天気予報を見る
 
新聞購読申込

米軍訓練候補の島に遺跡、鹿児島/西之表市が調査へ

2019/02/18 18:14

 記者会見する鹿児島県西之表市の八板俊輔市長=18日午後、西之表市役所
 記者会見する鹿児島県西之表市の八板俊輔市長=18日午後、西之表市役所

 鹿児島県西之表市は18日、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地である同市の馬毛島の北西部で、古墳時代から中世にかけての遺跡が見つかり、今月中にも現地調査を始めると発表した。

 記者会見した八板俊輔市長は「(近接する)種子島との文化、歴史的なつながりなどが裏付けられれば、国の構想に影響は出てくると思う」と話した。市長はこれまで、FCLP受け入れに慎重な姿勢を示している。

 市によると、人骨や多数の土器片が発見された。遺跡の範囲を確定した上で、掘削して調べるとしている。

 防衛省は先月、馬毛島での土地測量などの調査を始めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.