天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本の女性監督作が観客賞/ベルリン国際映画祭

2019/02/17 01:18

 国際アートシアター連盟賞の授賞式でスピーチするHIKARI監督=16日、ベルリン(共同)
 国際アートシアター連盟賞の授賞式でスピーチするHIKARI監督=16日、ベルリン(共同)

 映画「37 Seconds」の一場面
 映画「37 Seconds」の一場面

 世界三大映画祭の一つ、第69回ベルリン国際映画祭で、大阪市出身のHIKARI監督の「37 Seconds」が、特色ある作品を集めたパノラマ部門の観客賞に決まった。16日、映画祭事務局が発表した。

 「37―」は、脳性まひの女性が、性への目覚めや人々との出会いを通じて成長する姿を描いた物語。実際に同じ障害のある一般女性が主演した。

 同作は16日、映画祭の賞とは別に、外部団体が選ぶ国際アートシアター連盟賞も受賞。登壇したHIKARI監督は「日本社会では障害者を映画で描くことはとても大きな挑戦でした。ありがとう」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.