天気予報を見る
 
新聞購読申込

ピアニスト、多発性硬化症と公表/アリス紗良・オットさん

2019/02/16 04:58

 アリス紗良・オットさん
 アリス紗良・オットさん

 ドイツ人の父、日本人の母を持ち、ドイツを拠点に活動する人気ピアニストのアリス紗良・オットさん(30)が15日、神経の難病、多発性硬化症(MS)と診断されたと公式サイトで発表した。

 サイトによると、オットさんは体調不良で公演を降板することがあり、検査の結果、1月15日にMSと判明した。自己免疫疾患の一種で現時点では根治法はないが、治療を経て支障なく日常生活を送る人も多いという。

 オットさんは既に治療を開始。「今までのような生活を続けていけることができると強く確信しています」とコメントし、当面は公演活動を続けるとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.