天気予報を見る
 
新聞購読申込

薬師寺で新舎利容器納めて法要/奈良、国宝東塔心柱に

2019/02/13 17:09

 解体修理が進む国宝東塔で、心柱に新しい舎利容器を納め営まれた法要=13日午後、奈良市の薬師寺
 解体修理が進む国宝東塔で、心柱に新しい舎利容器を納め営まれた法要=13日午後、奈良市の薬師寺

 奈良市の薬師寺で13日、約110年ぶりの解体修理が進む国宝東塔の心柱に新しい舎利容器を納め、法要が営まれた。

 法要には約400人が参列した。薬師寺の僧侶らが般若心経を唱え、加藤朝胤執事長が高さ約33メートルの心柱頂部の中に舎利容器を納めた。

 寺によると、金や漆などを使った舎利容器は五重の入れ子様式で、一番内側のガラス容器は高さ約5センチ。江戸時代の作とされる前の舎利容器に入っていた仏舎利を新しい容器に入れ替えた。

 高さ約34メートルの三重の東塔は、薬師寺が藤原京(奈良県橿原市)から平城京に移った奈良時代から伝わる唯一の建物。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.