天気予報を見る
 
新聞購読申込

頬にすす付け無病息災、石巻/奇祭に元住民ら笑顔

2019/02/10 17:57

 宮城県石巻市長面地区の奇祭「アンバサン」で、大根に塗られたすすを付けられ笑顔の男性=10日午後
 宮城県石巻市長面地区の奇祭「アンバサン」で、大根に塗られたすすを付けられ笑顔の男性=10日午後

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市長面の大杉神社で10日、輪切りの大根の断面に塗ったすすを額や左右の頬にこすり付け、無病息災や大漁、五穀豊穣を祈る奇祭「アンバサン」が行われた。

 長面地区は震災後、災害危険区域に指定されて居住できなくなり、この日は移住先などから元住民ら約30人が山の中にある神社に集まった。玉串を奉じると次々に宮司に大根を押し当てられ、額と頬を黒くした参列者に笑顔が広がった。

 最後に全員が集落のあった方を向き「安波大杉大明神、悪魔をはろうてヨーヤナ」と唱えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.