天気予報を見る
 
新聞購読申込

家族もスパイス好きに?/鈴木亜美が激辛愛語る

2019/02/06 17:37

 「しびれ鍋グランプリ」授賞セレモニーに登場した鈴木亜美=6日、東京都内
 「しびれ鍋グランプリ」授賞セレモニーに登場した鈴木亜美=6日、東京都内

 さんしょうや花椒などを使ったしびれる辛さ「しび辛」が特徴の「しびれ鍋」日本一を決める「しびれ鍋グランプリ」授賞セレモニーが東京都内で開かれ、歌手の鈴木亜美が登場。大の辛い物好きで知られる鈴木は「しび辛は戦い。どれだけ楽しんでしびれを克服するか」と、独特の表現で激辛愛を爆発させた。

 18歳の時に仕事で中国を訪れ、本場の火鍋を食べたことで「しびれてしまった」という鈴木。国内外の激辛料理を食べ歩き、テレビ番組では“激辛女王”の異名を取る。

 最近では中華料理やカレー粉のプロデュースなど、激辛に関する仕事の依頼が増えているという。「好きでやっていたことがお仕事につながって、ありがたい」と話す。

 2016年に結婚した夫は「大の甘党で、辛い物は一切ダメ」だったというが、鈴木が作るスパイスたっぷりの手料理を食べるうちに「徐々に辛い物を欲するようになってきた」という。鈴木は「少しずつ(辛い物好きへと)コントロールしていきます」とニヤリ。

 筋金入りの激辛好きは、どうやら2歳の長男にも遺伝しているようで…。「普通の子と違って、こしょうが平気。私が飲んでいる(こしょう入りの)中華スープを飲み干してしまうので、この子はいけるんじゃないかって期待しています」と、将来有望?な愛息の成長に目を細めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.