天気予報を見る
 
新聞購読申込

無形遺産候補に伝統建築技術/20年登録審査へ再選定

2019/02/05 19:42

 檜皮採取の様子(全国社寺等屋根工事技術保存会提供)
 檜皮採取の様子(全国社寺等屋根工事技術保存会提供)

 文化審議会は5日、2020年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す候補として、宮大工らが継承する「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」を選んだ。政府は来月末までにユネスコに申請する。昨年も審議会選定に基づき申請したが、ユネスコ側の事情で19年の登録審査を見送られていた。

 申請するのは、建造物の装飾・彩色や檜皮ぶき、漆塗りなど、社寺や古民家の修理に不可欠な技術。いずれも文化財保護のため国が認定する「選定保存技術」に選ばれている。昨年申請した14分野に、檜皮採取など3分野を追加した計17分野で構成する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.