天気予報を見る
 
新聞購読申込

米津玄師さん登場の美術館脚光/ファンが「聖地」として来訪

2019/02/05 05:02

 昨年のNHK紅白歌合戦で米津玄師さんが曲を披露した大塚国際美術館のホール=1月、徳島県鳴門市
 昨年のNHK紅白歌合戦で米津玄師さんが曲を披露した大塚国際美術館のホール=1月、徳島県鳴門市

 昨年のNHK紅白歌合戦で徳島県出身の歌手・米津玄師さんが曲を披露した大塚国際美術館(徳島県鳴門市)が注目を集めている。壁画を背景に歌う米津さんの姿が会員制交流サイト(SNS)で話題を呼び、放送後から米津さんのファンが「聖地」として訪れ、来館者が急増している。

 大塚国際美術館は1998年に開館。西洋美術の名画を同じ大きさで精巧に複製した陶板が約千点展示されている。

 米津さんは紅白歌合戦に初出場し、バチカンのシスティーナ礼拝堂を模したホールから生中継で「Lemon」を歌った。

 広報担当の吉本早希さんは「1月の来館者数は去年の約1・5倍だった」と話す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.