天気予報を見る
 
新聞購読申込

バレエ、日本人12人が本選参加/ローザンヌ国際コンクール始まる

2019/02/04 21:59

 【ジュネーブ共同】スイス西部ローザンヌで4日、若手バレエダンサーの登竜門として知られる第47回ローザンヌ国際バレエコンクールが始まった。日本人は12人が本選に参加、入賞を目指す。

 本選には日本のほか、韓国、米国、中国などから74人が出場予定。4〜7日はプロのダンサーの指導で練習の機会が与えられる。8日の選考で約20人に絞り込まれ、9日の最終選考で8人の入賞者が決まる。入賞者には奨学金が支給され、世界の名門バレエ学校などで1年間の研修が認められる。日本人は毎年のように入賞している。

 審査委員には、8月に現役引退を表明したバレリーナ吉田都さんも含まれている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.