天気予報を見る
 
新聞購読申込

北前船、寄港地に7市町追加を/日本遺産で連携強化

2019/02/04 17:15

 記者会見する石川県加賀市の宮元陸市長=4日午後、東京都千代田区
 記者会見する石川県加賀市の宮元陸市長=4日午後、東京都千代田区

 文化庁の日本遺産に認定されている「北前船寄港地・船主集落」の地元自治体などでつくる協議会は4日、東京都内で記者会見し、新たに山形県鶴岡市をはじめ7市町の追加認定を目指す方針を明らかにした。連携を強め、観光振興に結びつけるのが狙い。既に文化庁に申請書を提出しており、4〜5月ごろに審査される見通し。

 7市町は鶴岡市のほか、新潟県出雲崎町、金沢市、兵庫県姫路市、同たつの市、広島県竹原市、香川県多度津町。いずれも、江戸時代から明治時代に日本海や瀬戸内海を往来した貿易船「北前船」の寄港地。実現すれば、北前船寄港地・船主集落の所在自治体は16道府県の45市町となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.