天気予報を見る
 
新聞購読申込

米エドガー賞候補に竹内さん/「謎とき」著者、評伝部門

2019/01/23 11:28

 【ニューヨーク共同】米ミステリー界で最も権威あるエドガー賞の今年の候補作が22日、発表され、北海道大大学院の竹内康浩教授(53)=米文学=の「マークX 誰がハック・フィンの父親を殺したか」が評論・評伝部門の候補に選ばれた。受賞作は4月25日にニューヨークで発表される。

 同書は2015年の竹内さんの著作「謎とき『ハックルベリー・フィンの冒険』」を基に、英語で書き下ろしたものという。

 竹内さんは共同通信に「日本語では読者があまり広がらなかった。英語で書いても評判にならなければ、本の中身のせいだと納得しようと思っていた。候補に選んでもらい、うれしい」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.