天気予報を見る
 
新聞購読申込

是枝監督「万引き家族」が候補/米アカデミー賞の外国語映画賞

2019/01/22 23:33

 映画「万引き家族」より((C)2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.)
 映画「万引き家族」より((C)2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.)

 是枝裕和監督、細田守監督
 是枝裕和監督、細田守監督

 【ロサンゼルス共同】米映画芸術科学アカデミーは22日、第91回アカデミー賞の候補を発表した。是枝裕和監督の「万引き家族」が外国語映画賞候補に、細田守監督の「未来のミライ」が長編アニメーション賞候補に、それぞれ選出された。

 外国語映画賞で日本作品が候補入りしたのは10年ぶり。「万引き家族」は昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞に輝いている。

 作品賞候補には、英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描き、日本でも大ヒットしているブライアン・シンガー監督の「ボヘミアン・ラプソディ」など8作品が選ばれた。

 発表・授賞式は2月24日(日本時間25日)にロサンゼルスで行われる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.