天気予報を見る
 
新聞購読申込

長野産黒曜石、北海道で出土/650キロ離れた縄文遺跡

2018/12/14 20:50

 北海道木古内町の遺跡から出土した、長野県の黒曜石で作られた矢尻(北海道埋蔵文化財センター提供)
 北海道木古内町の遺跡から出土した、長野県の黒曜石で作られた矢尻(北海道埋蔵文化財センター提供)

 北海道埋蔵文化財センター(江別市)は14日、長野県和田峠周辺で産出した黒曜石で作られた二つの矢尻が、幸連5遺跡(木古内町)の縄文時代中期(約4500年前)の竪穴住居跡などから出土したと発表した。直線距離で約650キロ離れており、同センターは長野産の黒曜石製の石器として最も遠方での出土としている。

 同センターによると、二つの矢尻は長さ2〜3センチ、幅1センチ以上、厚さ0・3〜0・5センチ、重さは1グラム前後。道路建設工事に伴う発掘調査でそれぞれ発見。透明感があるといった特徴や矢尻に含まれる元素の分析結果から、和田峠周辺で産出したと断定した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.